アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
8マンの部屋/雑情報局便り
ブログ紹介
ブログ名の由来8マンの世代が書いているからです。単純な理由ですけど...。
気の向くまま気分次第で思いつくままに書いています。ですから支離滅裂の時が有るかも...。

非常事態に備えて、コツコツと日々の努力が、いざと言う時に役に立つ様な気がします。
継続と蓄積が大事な事ですね。
仕事と遊びの絶妙なバランスも大切な要素だと思います。

今日は、有り難う御座いました。
また、時々覗いて見て下さい。暇な時にでも...。(笑)

皆様からのご意見情報・感想コメントやお便りを お待ちしています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
第484号・日課
毎日のルーチン、繰り返し行うこと。 単行本を数ページづつ読み、 パソコンに向かい思いつきのデータ処理をして、 映画についての情報を収集している。 意識的にそのルーチンを変えることもしている。 何故か? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/12 07:07
第483号・日本酒と
第483号・日本酒と 日本酒はその手間と微妙な環境によって、作られている。 日本酒と言っても全国各地に蔵元があり、 いわゆる地酒である。 日本酒好きには興味のあるところである。 蔵元には必ずといって良いほど、 名水があり、酒は水と米で決まるといっても過言では無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 06:14
第482号・同窓会
小・中学校の同窓会が5年ぶりに開催された。 いつもの事ながら出席する人はほとんど変わらない。 そして、容姿も....。 だが、どうしても思い出せない人がするものだ。 そして、それは気になるものだ。 そんなときは如何したらいいのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/28 06:04
第481号・餃子とビール
第481号・餃子とビール ビールのつまみといえば色々あるが、 個人的には餃子が好きだ。アツアツの餃子を頬張りながら、 冷たいビールを一気に流し込む。最高の瞬間で有る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 06:19
第480号・再び京都へ3
旅行の楽しみの一つに土産品の購入がある。 本来は知人や身内の人に、その土地の産物で 雰囲気を少しでも味わって欲しいので、 形有るものを土産として持ち帰るので有る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 06:29
第479号・再び京都へ2
京都の夏は暑い。 にぎわう祭りは日本人の血を騒がせるものがある。 祭りは見るよりも参加するものなのか? 賛否両論分かれるところだろう。 若い人は参加、年配者は見るという考え方も有るだろう。 京都といえば神社仏閣巡りというイメージもあるが、 まったく別の切り口角度より見るのも面白いのではないか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/07 06:28
第478号・再び京都へ
第478号・再び京都へ 15年ぶりの京都へ。 東京駅より新幹線で一気に、京都へ。 今回の主な目的は、祇園祭、山鉾巡行、宵山だが、 貴船の川床、舞妓と愉しむ京料理。 そして、個人的には日暮らしの鳴く鞍馬寺、赤灯篭の階段の貴船神社や、 八坂神社、大原三千院、干支ごとにお参りする下賀茂神社、 山門からの絶景が見られる南禅寺等、6か所の御朱印も...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 06:31
第477号・TAMTAM
第477号・TAMTAM 神田神保町の喫茶店さぼーるの近くにある 窯焼きを売りにしているTAMTAMが有る。 トースト、焼きカレー、フレンチトースト等他にもメニューを揃えている。 隠れ家的な店のたたずまいで、評判になってい。 11時開店、ランチメニューも有る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 06:43
第476号・新勝寺
第476号・新勝寺 先日、千葉県成田市の新勝寺へ出かけた。 我孫子経由で成田へ。 日曜日でもあるせいか混雑していた。 観光客らしい団体や年輩の夫婦と思われる人々。 駅を出て、左に曲がりしばらく参道が続く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/17 08:38
第475号・柳家
第475号・柳家 人形町に三大鯛焼きの店がある。 柳家である。 天然物と呼ばれる一匹ずつ焼いている。 ほとんどは養殖物と呼ばれている一度に焼いているものが多い。 人気店で、行列が出来ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/10 06:31
第474号・大江戸天丼
第474号・大江戸天丼 八重洲地下街に天ぷらの天喜代が有る。 名物は、大江戸天丼である。 丼からはみ出るほどの天ぷらネタが特徴である。 値段は税込みで1800円である。 高いか安いかは、食べてみてからの判断になるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 07:02
第473号・アンテナショップ1
都内各所に地方のアンテナショップが有る。 問いで手軽に地方の名産品が購入できるのだ。 先日は、富山のアンテナショップを覗いてみた。 地酒や鰤カブラ寿司(期間限定品)等名産品が並んでいる。 好みで数点購入して、食べてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/26 08:05
第472号・クラフトビール
第472号・クラフトビール 以前は地ビールと呼ばれていたが、 最近はクラフトビールと読んでいるらしい。 手作り感を大切にしている独自の製法で 独自の味を醸し出している。 大分前に金沢へ行く機会があり、 地元のクラフトビールである百万国ビールに出会う事が出来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 17:29
第471号・きみはらで
第471号・きみはらで 御徒町に、きみはら と言う店があり、 なんとママが、貫地谷しおりの母親なのである。 一目見れば似ているので直ぐに分かる。 小生も最初は知人に誘われたのだが、最初はびっくりした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 06:10
第470号・立ち飲みで
先日、友人と御徒町の立ち飲み屋・肉の大山へ寄った。 立ち飲みは初めてでは無いが、一人で入るのは勇気がいる。 何回か様子見でいたが、先日友人と入ってみた。 リーズナブルな値段と揚げたてが食べられる。 お勧めは、メンチカツ・和牛のメンチも旨い。 生ビールを片手に...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 06:32
第469号・久しぶりに
先日久しぶりに友人に誘われて、八重洲の地下街で食事をした。 そば屋で一杯飲みながら、歓談。 あれやこれやと話題が尽きない。 仕事の話からプライベートな話まで...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/29 08:09
第468号・しゅまいBar
第468号・しゅまいBar シュウマイでおなじみの横浜崎陽軒が八重洲の地下街に出展した。 ランチは10時から15時まで。 お得なセットメニューがある。 ランチビールも...。 シュウマイを中心に手軽に崎陽軒の味が楽しめる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/22 06:17
第467号・故郷の味
第467号・故郷の味 誰にも懐かしい故郷の味がある。 小さい頃からのお袋の味とは別の故郷の味がある。 地方色の色合いが濃く出ている。 48都道府県の味が存在している。 地方出身者には懐かしい味なのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/15 06:55
第466号・2歳の能力
3歳までの能力は驚くほど進化する。 まさかと思うことが出来ているのだ。 記憶能力は日に日に進化している様だ。 昨日とは違う今日がある。 いつも驚かされている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/08 06:08
第465号・一人暮らし
ある事情から一人暮らしをすることになった。 最初は気楽な毎日であるが、 次第に色々な問題が、出てくる。 今まで当たり前に思っていたことが、そうでないことに気づかされる。 毎日の中で出るゴミ、それも燃えるゴミや資源ゴミの分別等。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 07:25
第464号・慣れとミス
誰でも最初は緊張しながらも丁寧な作業を繰り返す。 だが、慣れてくるにしたがって、緩みが出てくる。 怖いのはその緩みの中でミスが出ることで有る。 慣れた頃にミスが出るといわれる由縁で有る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/22 06:24
第463号・墓参り
第463号・墓参り 年を重ねると親、兄弟、親戚の不幸の知らせが多くなる。 例外ではなく、両親4人とも他界している。 お彼岸、お盆に墓参りをすることが、通例になっている。 すでに兄弟も長男が他界している。 実家は無くなり、寂しい限りだが...。 年に1〜2回程度だが、墓参りは欠かさないようにしている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/15 06:18
第462号・吉良邸跡
第462号・吉良邸跡 忠臣蔵でおなじみの吉良邸が両国駅から数分のところに有る。 こぢんまりとした角にその面影を残す塀で囲まれている。 観光客がコースとて、回っているのか...。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/08 10:09
第461号・勝 海舟生誕の地
第461号・勝 海舟生誕の地 両国駅から歩いて十数分のところに 勝 海舟の生誕の地がある。 現在は公園になっているが、 その片隅にコーナーがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 06:03
第460号・回向院
第460号・回向院 両国駅から数分のところに回向院がある。 先日、も文字屋でランチの予定が有り、 時間があったので、回向院に寄ってみた。 御朱印を貰い、境内を散策。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/25 07:36
第459号・ももんじや
第459号・ももんじや 両国にある老舗のももんじや。 やまくじらの店である。 今風に言うとジビエの肉を食べられる。 やまくじら・猪鍋・ボタン鍋とも言う。 鹿の刺身も食べられるらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 06:55
第458号・C`s Cafe
第458号・C`s Cafe 上野駅公園口改札の近くにC`s Cafeが有る。 乗り換えの時、時間調整の時など便利だ。 最近の駅中は便利になった。 7時からモーニング、10時からランチが利用できる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 06:16
第457号・能/五蘊会
第457号・能/五蘊会 }先日、友人に誘われて能を見る機械に恵まれた。 一生縁の無いものと思っていたが、意外な繋がりである。 世の中色々なところで繋がっていることを痛感した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 05:59
第456号・韻松亭
第456号・韻松亭 上野公園内にひっそりと佇む店。 不忍の池を見下ろしながら思いにふける。 会席料理を食べながら風流なひとときを過ごす。 夜の部は、値段的に無理だが、手軽なランチがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 06:27
第455号・雅叙園
第455号・雅叙園 先日、目黒へ出かける用事があり、 少しだけ足を延ばして、雅叙園へ寄ってみた。 敷地入り口すぐのところにお七の井戸が有ったのには驚いた。 昔の面影を残しつつ、変化をしていた雅叙園。 久々に目の保養になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/21 06:53
第454号・うさぎや・cofe
第454号・うさぎや・cofe 先日、手みやげを何にしようかと考えて、 どらやきで有名な上野御徒町のうさぎやで、 どらやきを購入した。 有名な老舗のせいかお客が絶えない。 年輩の女性が多く、贈り物や手土産に購入しているようだ。 何度か食べたことのある宇佐ギヤのどら焼き。 しっとりとしたあんこがどら焼きのかわと相まって おいしさを一段と引き立てている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 06:51
第453号・思いこみ
誰でも有ることだが、思いこみ。 知らずに思いこみ脳の中で生きている。 ちょっとしたきっかけで、思いこみであることが分かる。 思いこみとは恐ろしいもので、 気が付くまで勘違いをしているのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 06:45
第452号・りんごバター
第452号・りんごバター パンケーキにつけて食べるととても美味しい。 リンゴをベースにバターを混ぜ合わせて、 リンゴの風味とバターの風味がバランスよくマッチしている。 先日、赤坂に有る青森のアンテナショップでアオモリンクで見かけて購入した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 06:15
第451号・突然の
気象の不安定により、突然豪雨が...。 東京は豪雨なのに埼玉県では降っていないなんて事も...。 広範囲に降ることは少ないが、集中的な豪雨が多い。 晴れていても突然と言うケースが...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/23 07:10
第450号・桜鍋
第450号・桜鍋 森下に桜鍋の老舗がある。 みの家である。 ランチは12時から14時まで。 桜鍋のランチセットが1900円。 甘めのみそだれで、刺身でも食べられるほど新鮮なので 軽く火を通して、食べられるらしい。 馬肉、麩、長ネギ、しらたき、ご飯がセットになっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 07:09
第449号・紙の大きさ
そもそも、A判とB判の2つの規格が日本で誕生したのは1929年(昭和4年)。 JIS(日本工業規格)の前身であるJESによって制定されたもので 、ドイツの工業規格であるA判を日本工業規格に導入したのが始まり。 A判は国際標準で各国で使われています。 そのときにもう一つ制定されたのがB判。 当時、日本で流通している書籍や紙製品を調査したところ、 大きく分けて2つのサイズがあることがわかりました。 1つは明治初期にアメリカから輸入された紙に由来するサイズで 、A判にほぼあてはまる大... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/09 07:00
第448号・おむすびとおにぎり
諸説有りますが、おにぎりは握り飯が転じたもので 形はどんなものでもよい。 一方おむすびは、神様の力を授かるためにお米を山型(紙の形)に象ったもので 三角形で無ければいけない。 ちょっとしたことですが、いろいろと意味が有るんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/02 05:55
第447号・とんてき
第447号・とんてき 秋葉原ヨドバシカメラの8階レストラン街に有るトンテキ屋。 豚肉のステーキだ。 並で200グラムとボリューム満点だ。 とんてきは適度に切れ目が入っているが、 完全には切り離されていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/26 06:19
第446号・プラレール
第446号・プラレール タカラトミーから発売されているプラレールシリーズ。 いろいろなモデルシリーズが有るが、 今、新幹線シリーズにはまっている。 孫のおもちゃとして購入したのだが、 幻のドクターイエローも有る。 北陸新幹線・輝やN700系、ドクターイエロー。 連結してただ走るだけではなく、2段階のスピード。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 07:21
第445号・晩酌セット
第445号・晩酌セット ラーメン屋(北海道らーめん奥原流 久楽 北千住店)のメニューに晩酌セットが有った。 二種類あり、500円でジョッキ生ビールとつまみ(数種類の中から選べる)と 1000円でミニラーメンと選べるつまみ、ジョッキ生ビールだ。 ちょっと小腹が空いたときに良いのでは...。 発券機で購入するのだが、現金とICカードに対応しているが、 機械に弱い者は、よく分からない。 一度なれてしまえば、簡単なのだろうが...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/12 06:19
第444号・波除稲荷2
第444号・波除稲荷2 先日、築地に行く予定が有り、足をのばして波除稲荷へ寄ってみた。 外国の観光客が多く、築地市場から近いせいもあり、 賑わっていた。 昔は海で江戸時代に埋め立てられ、 その関係で海の安全を祈願する稲荷神社を建立したらしい。 大きな獅子頭が入り口左右に一対鎮座している。 お祭りにもかり出されるようで、築地の守り神にもなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 07:26
第443号・大桟橋
第443号・大桟橋 横浜の大桟橋で潮風に吹かれてのんびり...。 天気は良いし浜風が心地よい。 大型客船が停泊している。 横浜の風景にとけ込んでいるようだ。 浜風は心地よい、どうしてなのだろうか? 港、潮の香り、風景等が醸し出すのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 06:27
第442号・洋食屋/大吉
第442号・洋食屋/大吉 JR浅草橋駅より3〜4分の場所にあり、 昔ながらの洋食屋さんだ。 ビルの地下を降りると赤色のテーブルクロスが目立つ。 皇室献上の豚肉が高めだが、美味しいらしい。 先日は下見でしたが、次回機会が有れば是非とも食べてみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 07:16
第441号・大病
先日知人にばったり会った。 暫く顔を見ないと思っていたら、大病をして入院していたらしい。 ICUに入るほどの病気だったようだ。 幸いリハビリを頑張り元通りに近い状態まで、回復した。 末梢神経に多少の後遺症が残っているようだが...。 それにしても奇跡的だ。 執念の様なものを感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/07 06:21
第440号・再会
先日久しぶりに同級生と会った。 2年ぶりくらいだろうか? 一杯飲みながら昔話に花が咲いた。 中学校まで同級生だった知人はもう定年を過ぎ...。 何十年も経つのに昔の話は良く覚えているものだ。 2時間ほど歓談して、店を後にしたが...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/31 06:04
第439号・柴又の風
第439号・柴又の風 久しぶりに柴又を訪れた。 前回は相当前だったので、駅前の寅さんの像は無かった。 駅前から参道の商店街を通り、 帝釈天の門が見えてくる。 今にも寅さんがふぃっとあらわれそうな気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/24 12:26
第438号・飯田屋
第438号・飯田屋 どじょう鍋は、駒形のどぜうが有名だが、 老舗の飯田屋が、浅草国際通りを脇に入ったところに有る。 駒形どぜうに負けないくらい、時間が止まっている。 味はどうなのか気になるところだが、機会が有ったら 是非とも訪れて、比較したみたい。 好みでは有るがどちらが自分の味に合うのか、楽しみである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 07:08
第437号・駒形どぜう
第437号・駒形どぜう のれんの由来は、仮名遣いでは「どじょう」。 もともとは「どぢやう」もしくは「どじやう」と書くのが正しい表記です。 それを「どぜう」としたのは初代越後屋助七の発案です。 文化3年(1806年)の江戸の大火によって店が類焼した際に、 「どぢやう」の四文字では縁起が悪いと 当時の有名な看板書き「撞木屋仙吉」に頼み込み、 奇数文字の「どぜう」と書いてもらったのです。 これが評判を呼んで店は繁盛。 江戸末期には他の店も真似て、看板を「どぜう」に書き換えたといいます。 200余年の歴史を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/10 07:14
第436号・御朱印帳
第436号・御朱印帳 神社仏閣を訪れ、朱印を集めている人が増えているらしい。 私も有ることをきっかけに、水天宮から始めている。 都内の主立った神社仏閣を訪ねている。 ある願い事への印なのだが...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/27 07:18
第435号・浅草橋から浅草へ2
第435号・浅草橋から浅草へ2 続き いよいよ浅草が見えてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/22 17:58

続きを見る

トップへ

月別リンク

8マンの部屋/雑情報局便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる